世界一簡単な格安SIM教室 iPhoneが毎月2000円でつかえるようになる!格安SIM SIMフリー徹底比較

iPhone大好き主婦のSIMフリー奮闘記。スマホはiPhoneと決めたので格安SIMを徹底比較しiPhoneを毎月2000円でお得に使う方法を世界一簡単に解説

スポンサーリンク

auピタットプランがiPhoneも対象に!ソフトバンクとauと楽天モバイルで比較

f:id:ayuchanhonpo1105:20170915212910p:plain

こんばんは先ほどソフトバンクと楽天モバイルを比較した記事をアップしたところなんですが、その記事を書いている最中に、auが新サービスを発表しました。

 

その時書いていた記事はこちら 

www.ayuchanhonpo.com

 この記事の中にauの事も書き込みたかったのですが、予約開始の4時までに記事をアップしたかったのであきらめました。

 

先ほどauの新サービスを再度検証してみましたら、衝撃の結果が出ましたので、急いでもう一つ記事を書いています。

 

auの新サービスはもう皆さんご存知のとおり、iPhoneでも「auピタットプラン」[auフラットプラン」の利用が可能になりました。

 

以前auピタットプランでiPhone使えない時点でありえないと書ききったAYUなんですが、

その時の記事はこちら 

www.ayuchanhonpo.com

 今回新型iphone8の発表に伴い、ソフトバンクでは機種代金が半額になる「半額サポートfor iPhone」を発表しました。遅れてauも本日1時に今回の新サービスの発表をして、熾烈なiPhoneユーザー獲得競争が始まったわけです。

 

私はiPhone8が発表前から楽天モバイルなら新しいiPhoneも20000円ポイントキャッシュバックがもらえるから、絶対appleでSIMフリーiPhoneを購入して楽天モバイルの通話SIMを契約して使用するほうがお得ですよとお勧めしていたのですが、大手キャリアが端末代金を半額にしてきたので、実際楽天モバイルのほうが安いのか心配になって調べたんですが、ソフトバンクの場合は断トツで楽天モバイルの勝利でした。

 

そして今回のauの新サービスも比較検討していきたいと思います。

 

auの新ピタットプランはスマートバリューに加入ならいい線だが、やっぱり楽天モバイルが安かった

ソフトバンクとauの料金の違いは、通話通信料の部分で大きく分かれます。ソフトバンクは従来どおりの定額制料金プランを採用し、月々割りを適応させ、全体の割引に当てています。

auはピタットプランという使った分のデータに合わせて料金が変動するプランにiPhoneも採用しました。

今回はソフトバンクにあわせて通信量を5GBにそろえて比較しましたが、auのプランは月々の通信量を抑えることで月額料金も変動しますので、その点も踏まえてご覧ください。 

  ソフトバンク  楽天モバイル  au

本体

価格

 半額サポートfor iPhone

48回の分割払い月々1773円 

1773円×24回=42552円

 

 

 appleで購入

12回払いまで金利0円を利用  

1年目 7092×12回

2年目 0×12回

 

 85104円

 

アップグレード

プログラム

48回の分割払い月々1773円 

1773円×24回=42552円

 

 

 

 通話

通信料

 スマ放題ライト  1700円

ウェブ使用料    300円

データ定額5GB  5000円

月額7000円×24回

168000円

 スーパーホーダイ

5分かけ放題、

高速通信2GB

*1Mbpsは使い放題

1年目1980円×12回

2年目2980円×12回

59520円

auピタットプラン

+スーパーカケホ

データ通信5GB

の場合

1年目5480円×12

2年目6480円×12回

 

143520円

 割引

キャッ

シュバック

 月々割り約1173円

1173×24回=28152円

 

長期優待ボーナス

10000円ポイントキャッシュバック

(2年間継続が条件)

2年目以降は解約

無料

auスマート

バリューに加入し

ていれば1000円割引

1000×24回=24000円

 トータル

 42552+168000-28152=

182400円

 85104+59520

-10000=

134624円

 42552+143520-24000=

162072円

 

 

 

結果

今回5GBでの比較では、auとソフトバンクでは2万円ほどの差が出ているように見えます。しかし、auはauスマートバリューに加入していなければ、24000円の割引がありません。

 

ですので自宅の固定通信サービスがauひかり、ASAHIネット、au one net、BIGLOBE、DTI、auひかりちゅら、コシュア光、eo光、Jcomの方はお得になるとお考えください。そうじゃない場合は、ソフトバンクの方が安いです。

 

結局大手キャリアは似たり寄ったりの料金だという事がよくわかりますね。

 

そして忘れてはいけないのが、auもソフトバンクも2年で解約できないということ、1度このサービスを利用すれば、途中で他社に変えたくなった時に必ず、高額な端末代金の残りを払わされますよ。ずーっと一つの会社でいる事が嫌ではない方はいいと思います。

 

しかし今後他社がどんなにいいプランを出してくるかわからないし、格安SIMの会社はこれからどんどんよくなっていくと思うので、私はこのサービスを利用するのは絶対嫌ですね。

 

やはりここは思い切って楽天モバイルや他の格安SIMで通信費を落として、iPhone8はappleでSIMフリーのものを12回の分割で購入することをおすすめします。

楽天モバイル スーパーホーダイ  

 

 もちろん外での通信速度が速くないと困る仕事をされている方や、お昼や夕方に通信速度が下がると困る方は、多少高くても大手キャリアで契約するほうがいいです。

 

そして緊急速報や、Jアラーとがならないのが困るから格安SIMはちょっとという方は勘違いされているみたいですが、格安SIMだから受信できないのではなくて、キャリアが出した端末かそうでないかが受信できるかの違いだそうです。

 

大手キャリアで購入した端末をSIMロック解除して格安SIMを入れる分には問題なく受信できるそうです。

 

 

ただキャリア販売ではないSIMフリー端末の場合は受信できない情報があるみたいです。ですが、Yahoo!防災速報というアプリを入れておけば、問題なく受信できるみたいなので安心してください。 

 

Yahoo!防災速報 - 災害情報を通知

Yahoo!防災速報 - 災害情報を通知

  • Yahoo Japan Corp.
  • 天気
  • 無料

 

 

 

 

スポンサーリンク