世界一簡単な格安SIM教室 iPhoneが毎月2000円でつかえるようになる!格安SIM SIMフリー徹底比較

iPhone大好き主婦のSIMフリー奮闘記。スマホはiPhoneと決めたので格安SIMを徹底比較しiPhoneを毎月2000円でお得に使う方法を世界一簡単に解説

iPhoneXどこで予約する?キャリアとUQモバイル完全比較一覧表!これを見てから決めてください

f:id:ayuchanhonpo1105:20171026081617j:plain

 

こんばんはiPhone大好き主婦のAYUです

 

10月27日に予約が開始される、iPhoneXですが、64GBのappleでの公式価格は

11万2800円です。

 

docomoは  12万5064円

SoftBankは 13万1040円

auは    12万8160円  でした。

 

意外とappleで購入するのが総支払額的には安いのですが、キャリアは色々なキャンペーンで端末代を激安にして、なんとか契約させようと狙っています。

 

その端末を激安にして契約させる作戦の裏には巧妙に仕掛けられた罠があるのですが、各社まあーーーわかりにくい!!!

 

これは読んでもわからないから普通の人はお店の人に勧められるがままに契約しちゃうわと思います。

 

特にauのピタットプランはソフトバンクやdocomoと全く違うプランなんで比較しようとしても色々な事が邪魔するんですよ。条件が揃えにくいから、比較しにくくて、どれが一番お得になるのかが、1社ずつ見ていてもわからないので、一覧表をがんばって作成しました。

 

渾身の出来になっていますので是非これを見て、iPhoneXをどこで買うのか参考にしてください。もちろん他のiPhoneでも応用できますよ。

 

au、ソフトバンク、docomoとUQモバイル完全比較!一覧表を見れば一目瞭然iPhoneXはここで買え

今回作成した一覧表の見方

1.iPhoneX64GB を2年間利用した場合の比較一覧

2.比較したのはau、Softbank、docomo、UQモバイル

3.何故UQモバイルにしたか。キャリアと比較しても見劣りしない通信速度があり、有料ながらキャリアメールも利用できるので(iPhoneXはまだ適応ではない)

キャリア信者がもっとも乗り換えやすいMVNOだとおもいます。

4.利用プランを5分かけ放題+5GB通信量に統一

 

  au  Softbank  docomo  UQモバイル 

端末代金 

3,060円×24回

アップグレード

プログラムEX

利用

オプション料

390円含む

1,125円×24回

半額サポート

for iPhone

利用

月々割り

-1605円

適応

2,853円×24回

iPhoneXは機種

変更応援

プログラムが

使えないため

月々サポート

-2358円

のみ適応

9,400円×12回

(appleで購入)

12分割利率

0%利用

端末

総支払額

73,440円  27,000円  68,472円  112,800円 

2年後

機種回収

回収される 回収される  回収されない  回収されない 
縛り期間  4年  4年  2年  2年 

料金

プラン 

ピタットプラン

5分かけ放題

容量5GB 

スマ放題ライト

5分かけ放題

容量5GB 

かけ放題ライト

5分かけ放題

容量5GB

おしゃべりプラン

5分かけ放題

容量6GB

月額料金  6480円 7000円  7000円  3980円 

2年間

総額 

155,520円  168,000円 16,8000円  95,520円 

割引・

キャンペーン 

 1年間1000円

引き

1万円の

auポイント

キャッシュ

バック

なし  なし 

1年間1000円

引き

SIM購入

3000円割引

SIM

購入

手数料 

なし  なし 

なし 

3,240円
容量繰越

データ利用量

によって変動

するので関係

なし

100MB単位

で可能

 

1GB単位で可能

残ったデータ

全て繰り越し

可能

データ

超過時

のスピード 

データ利用量

によって変動

するので関係

なし 

128kbps 128kbps 300kbps 

2年間総

支払い額 

 194,960円 195,000円  236,472円  184,560円 

 月々

支払い

平均額

8,123円  8,125円  9,853円  7,690円 

 

注意点

1.auのピタットプランは通信量が1GBから利用料によって変動するのでこの金額より安くすることも出来るが、逆に気づかないうちにもっと高額になる事があるので要注意

 

2.auのアップグレードプログラムEXは端末代が半額になるが、2年後端末が回収される上に、端末に故障などがあると20000円の支払い義務があるので要注意

 

3.ソフトバンクの端末代は48回払いの半分が免除され、さらに月々割りが適応されるため信じられないほど安い金額になっているが、2年後端末が回収される上に、端末に故障があると20000円の支払い義務があるので要注意。

 

4.docomoはiPhoneXには端末を安くする機種変更応援プログラムがまだ適応されていないため全く割引がないので、高く感じるが、そのおかげで2年後端末は回収されないので、下手したらau、Softbankよりも割安になるかもしれない。

 

※追記(2017.10.26) 記事をアップした後に気づきましたがdocomoも25日から機種変更応援プログラムにiPhoneXを追加していました。しかし、機種変更応援プログラムは1年で機種を変更する場合に最大で60000円分のdポイント還元ということなので、今回はこのままの比較表にしておきます。

 

5.しかもauとSoftbankは2年後さらにまた同じプログラムに加入する事が義務付けられており、実質2年ではなく4年しばりであるが、4年後もまたさらに同じことの繰り返しとなるので、実質永遠の縛りとなります。

 

まとめ

総支払額で見ると一番安く利用できるのは予想通り、UQモバイルでした。しかもUQモバイルは6GBの通信量のプランなんですが、実はデータ超過時の制限通信速度が300kbpsと音楽聴くぐらいは余裕の通信速度が出るので、高速通信と低速通信を使い分けることによってデータが2GBのプランでも全然たりるのです。

 

しかも、auとSoftbankは2年後に端末が回収されてしまいます。現在iPhone7が特に傷などない良品の場合6万円ほどの高価格で買い取りしてもらえることを考えると、iPhoneXの2年後の買取価格もかなりの金額が予測されます。

 

目先の金額にだまされずに、2年間の総支払額が一番安い上に、2年後端末も手元に残るUQモバイルのコスパのよさを理解してほしい!!!

 

もし2年後に、新しいiPhoneを購入して、MNPをしたとしても、端末が手元にあればそれを買取してもらえば、新しい端末を半額ほどで買えます。

 

格安SIMに変えても2年ごとに新しい端末に変えることも全然大変ではないのです。

 

その為にも端末にはしっかりとカバーと画面保護シートを貼って、傷など付かないように大切に使うことをおすすめします。

 

<あわせて読んでほしい>

 

www.ayuchanhonpo.com

 

 

www.ayuchanhonpo.com

 

スポンサーリンク